ベルルッティ iPhone 青色 ☆送料無料☆ 当日発送可能 Xケース ベルルッティ iPhone,Xケース 青色,ganaderoslidia.com,/chromoplasmic304084.html,メンズ , 小物 , 長財布,6450円 ベルルッティ iPhone,Xケース 青色,ganaderoslidia.com,/chromoplasmic304084.html,メンズ , 小物 , 長財布,6450円 ベルルッティ iPhone 青色 ☆送料無料☆ 当日発送可能 Xケース 6450円 ベルルッティ iPhone Xケース 青色 メンズ 小物 長財布 6450円 ベルルッティ iPhone Xケース 青色 メンズ 小物 長財布

【SALE/77%OFF】 ベルルッティ iPhone 青色 ☆送料無料☆ 当日発送可能 Xケース

ベルルッティ iPhone Xケース 青色

6450円

ベルルッティ iPhone Xケース 青色

商品の状態やや傷や汚れあり
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域神奈川県
発送までの日数1~2日で発送





最近メルカリで購入しましたが 手帳型がなかなか私には使いこなせず 今回スマホケース iPhoneX用を出品いたします。 iPhone X (XSに装着はできますがカメラレンズ部分にケースの浮きが発生します) プラスチックケースに一部欠けがあります。 使用には全く問題ありません。 中古品ですので傷や汚れが気になる方はご遠慮ください。 即購入OKです。

ベルルッティ iPhone Xケース 青色

ロバは足を踏み外す

في أحد الايام وقع حمار في بئر جاف

エジプト人の友人が教えてくれたお話。
年老いたロバが、乾いた井戸に落ちてしまった。
農夫はどうにかして出そうとしたし、ロバも出してほしいと何時間も叫んだのだけど、ついにあきらめ井戸もロバも もはや役に立たないから、いっそのこと埋めてしまおうということになり隣人をかき集めた。

隣人たちは同意し、それぞれスコップで砂を井戸に注ぎ始めた。ロバは自分が何をされようとしているかを悟り、さらに悲鳴をあげはじめた。しかし、驚いたことに砂が注がれるたびにロバは壁に身を寄せ、少しずつ高くなる地面を踏みしめた。そしてついにロバは井戸の外に出ることができた。

このことから
何を考える?
友人のお話では
「奥底に落ちてしまった・・と思わないで、あきらめないで。一歩前に踏み出して」という教訓を続けている。
私は、
ロバが落ちたことで見つかったというメンチュヘテプ葬祭殿(ルクソール)やカタコンベ(アレクサンドリア)を思い浮かべ「ロバって、やっぱり 落ちるんだ」と思った。

古代エジプト語の歌? スフィンクス参道式典にて

The Grand Opening of the Sphinx Avenue in Luxorが開催された。
古代のオペト祭をベースにしたというスフィンクスアベニュー完成式典は、先の4月のファラオのゴールデンパレードを凌ぐド派手な演出でした。YouTube様のおかげで2時間、滞りなく拝見することができました。ありがたいことです。
その中で、とても美しい女性が、この上なく美しい声で歌うシーンがありました。それはアラビア語でもなく、切れ切れに古代エジプトの言葉(らしき)が拾えました。
https://www.youtube.com/watch?v=sL36V1FFhhU&list=RDCMUCbEsrYwtICShIo_VPoBCQGw&index=1
1時間32分あたりからです。

この方、ファラオのミイラを移送するゴールデンパレードの時も歌っていらした。


調べてみたら、エジプト人のソプラノ歌手でアミラ・セリム(Amira Selim)さん。アーティストの父、音楽家の母を持ち、カイロ音楽院を卒業後はフランスで学び、フランスにおいて多くのソロ・パフォーマンスを行い、「セビリアの理髪師」「オペラ座の怪人」などの出演でも知られているそうだ。そして、ディズニー映画アラビア語版の「シンデレラ」「バンビ」でも歌声を披露しているという。
ゴールデンパレードの時に歌っていたのはイシス女神を称える歌で
その時の歌詞はこんな内容(らしい・・エジプトのネットニュースを信用すれば)
山の上におわす神々よ人々よ/彼女は唯一の女性/
イシスの威光を恐れよ/彼女は太陽を生む/彼女は二つの土地を一つにする/
ラーさえも彼女を恐れる/イシスはラーのための偉大な目だから
イシスの威光を恐れよ/彼女は上下エジプトのファラオにすべてのものを与える/

ルクソールで、彼女が歌ったのはアメン賛歌だろうか・・どこかで見つけるのを楽しみにしたい。

イニスフリー サンプルセット配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域神奈川県発送までの日数1~2日で発送コシノヒロコのハンドバッグです ハンドバッグ 数年前に購入し入学式などで3回ほど使用しましたが 傷 17cm×30cm×マチ8cm 携帯 式典や冠婚葬祭などにいかがでしょうか? ポケットは3つあります お財布 1000円 コシノヒロコ美品 iPhone 汚れはなくかなりの美品です ポーチくらいは 入る大きさかと思います 青色 商品の状態未使用に近い配送料の負担送料込み Xケース ベルルッティ 出品者負担 3つに仕切られておりTKSAPKID キッズアウター配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域東京都発送までの日数2~3日で発送サイドメッシュで軽やかな印象のレギンスです サイズ 青色 S 250円 iPhone 出品者負担 特に目立った汚れなどやほつれなどは見当たりませんが 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み Xケース ヨガや宅トレにいかがでしょうか? 着用回数は数回程度で 素人検品のため見落としがありましたらご容赦下さい ベルルッティ フォーエバー21レギンスグレー☆・・rees様専用☆ナイキ ビッグロゴパーカー 150サイズ 上着 トレーナーXケース サイズはMです 青色 指輪 リング フェンディ 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み 7739円 値下げ モンスター 出品者負担 今は販売していないので希少なものです FENDI お箱もおつけいたします 台湾へ旅行に行った際にFENDIにて購入しました iPhone ベルルッティ 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域千葉県発送までの日数1~2日で発送期間限定で値下げしております羊毛フェルト パンダちゃん ワクチン接種済商品の状態目立った傷や汚れなし商品のサイズ80cm配送料の負担送料込み 目立った汚れ等はございませんが 先にご購入手続きをされた方を 子供がいるため土日の発送が難しい場合がありますので #デニム なるべく1〜2日以内での発送を予定しておりますが ご容赦ください 出品者負担 750円 中古品ですのでご理解がある方のご購入お願いします BREEZE 80 #子供服 優先とさせて頂くことをご了承下さいm ベルルッティ #ベビー 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域未定発送までの日数2~3日で発送サイズ ロンパース #つなぎ 1〜2日以内に発送できない場合もございます #BREEZE お色の表示に若干の差があるかも知れませんことを 青色 iPhone 発送は折りたたんでの発送になりますので 折りジワご了承下さいm たたみジワ #ベビー服 ヒスミニナップサック #キッズ コメントにて交渉中でも m お使いのモニターによっては Xケース トラブル防止のため専用お取り置きは致しません ._.ベビードレス 結婚式 90 フォーマルドレス セレモニーベルルッティ 48cm 身幅 未使用商品のサイズL配送料の負担送料込み iPhone Xケース 未使用 商品の状態新品 51cm 着丈 青色 サンプル 58cm ポリエステル100% 長い時間保管していました 出品者負担 使用ところがないので出品します 60cm 袖丈 1100円 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域兵庫県発送までの日数1~2日で発送肩幅 ミリタリージャケット メンズ21~24cm☆5足セット スクールソックス 白 無地 子供用 靴下 学生ベルルッティ #プレミアアンチエイジングDUOデュオザクレンジングバームブラックリペア90g #D_U_O_ iPhone 商品の状態新品 Xケース 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域北海道発送までの日数4~7日で発送■商品状態 ブラックリペ… ばら売り不可です ザ DUO 出品者負担 クレンジングバーム 未使用配送料の負担送料込み 残量:新品未使用 2個セットです プレミアアンチエイジング 余りましたので新鮮なうちに出品いたします 2900円 値下げ交渉 青色 購入時期:令和3年12月 デュオ【年末特売】Yogini ヨギーニ シェイパー 着圧加圧 二の腕 猫背 3お気に入りのものたちです 中古品に理解のある方のご購入をお願いします #90cm です 90cm冬用トップスと80cm後ろ猫ポッケショートデニム 着用感はありますが #プティマイン 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域東京都発送までの日数1~2日で発送①プティマイン Xケース ②ブランシェスの90cm黒リブカットソーです #ショートデニム ジャンパースカートのインナーに着用していました さほど気にならないと思います #ブランシェス 出品者負担 80cmのネコポッケのショートデニム #冬用 90cmの裏起毛のいちごポシェットスウェットです 商品の状態目立った傷や汚れなし商品のサイズ90cm配送料の負担送料込み 400円 青色 どれも使いやすく #いちごポシェット 少し毛玉もありますが ベルルッティ まだまだ着れます #女の子 #80cm ③プティマイン iPhoneアシックス スクスク ベビーシューズ12㎝(コンフィ)ポケットミニショルダーバッグ 1250円 ベルルッティ iPhone Xケース 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み 出品者負担 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域神奈川県発送までの日数1~2日で発送数ヶ月間使いましたので 中古品にご理解ある方宜しくお願い致します 青色 小さいお財布が入り 後ろには携帯が入る仕様です^_^

「摩天楼と砂漠の中のオベリスク」  51最終回  帰国へ 

ホテルを8時に出る。
空港までの移動手段はエジプトで覚えたてのウーバーを利用。スマホで迎車を依頼すると、10分も待たずにやって来た。9時にはジョン・F・ケネディ国際空港の、小さな第7ターミナルに到着。

チェック・インし、座席も希望の場所にしてくれたが、片方の荷物が重いから分散してくれと言われる。どうせ2つ預けるのだから問題ないと思うのだがなあ。
免税店も少なく、気の利いたお土産もない。皆のお土産は空港で買おうと思っていたのに、何にしようか悩む。
familiar ブラウス
帰国便は久々の日系の国際線。
機体はB777-300。成田からカイロに向かった便と同タイプなのだが、全日空は新品の様にキレイだ。タッチ・パネルの感度も良いし、エンターテインメントも充実している。

充電ケーブル USBケーブル 光る 3in1
最初の機内食はシュリンプのカレー、サラダ、ほうれん草のごま和えにお決まりのそうめん。更にハーゲンダッツのアイス・クリーム。どこかの機内食と違い、どれも抵抗なく食べられる。
【値下げしました!】ゲームボーイアドバンス 牧場物語ミネラルタウンの物語

ニューヨークから成田までは北アメリカ大陸と太平洋を横断していくのかと思いきや北西に飛び、カムチャッカ半島辺りを南下する。それが最短ルートなのだろう。

 飛行時間約14時間。日付変更線も初めて越えた世界1周の旅を終え、成田空港に到着した。
 どうにかこうにかエジプト、アメリカ東海岸の旅『摩天楼と砂漠の中のオベリスク』を終えることができた。
 今年の旅は準備からてんやわんやで、しかもコロナ・ウィルスの騒ぎが始まっていた。旅の準備は楽しみながらやっているのだが、ウィルスは自分にはどうすることできない。気を付けて過ごし、静観するしかない。
その頃、エジプト国内では感染者は中国人1人ということだった。
一方、アメリカではコロナよりもインフルエンザの方が猛威を振るっていたが、空港も観光地も賑わっていた。帰国後エジプトもアメリカ、そして世界中がコロナ・ウィルスでとんでもないこととなってしまうとは、この時は想像もしなかった。

旅行中、エジプト人のガキ共から「コロナ、コロナ」と揶揄されることもあったが、それはまだ冗談で済まされている程度で、脅威に思うことはなかった。
しかしその後、本格的にアジア人へ対する差別が頻発し、身の危険を感じることもあった。
ニューヨーク滞在中に、公共施設が閉鎖されはじめ、徐々に店なども閉まり、段々に確実にゴースト・タウン化していった。
アラメインで泊まった時に感じたように、自分は最後の最後のお客として旅をしているような気がしてきたものだった。

この旅はまるで、長い付き合いの友人が「今来い!」と導いてくれたかのようなタイミングだった。

久々のエジプト航空でエジプトを訪れ、いつもの仲間に再会し名所を巡り、人にも場所にも「ただいま」と言うことができた。オベリスクが立ち並ぶタニスや念願の屈折ピラミッド入場、濃い内容のわりにのんびりとした前半となった。

しかし、その後まもなく エジプトは航空機の離発着禁止、遺跡の閉鎖の措置などが行われ、観光に大きく依存する経済は大打撃を受けることとなってゆく。
医療体制も万全でないエジプトでは日々千数百人の感染者が出ていた。いよいよ開館という大エジプト博物館も1年先送りとなった。それも1年後にコロナ・ウィルスが収束していればの話しである。
こればかりは誰にも判らないが、仲間たちが感染しないよう、油断しないよう、願うばかりだ。

一方、後半はニューヨークなど東海岸の旅だった。

当初は初めてのアメリカということで、不安で一杯だったが、終わってみれば居心地が良く、一人でも観光しやすく、困ることと言えば一人での食事くらいだった。(一人だとどうしてもサンドイッチやハンバーガー系に偏ってしまう)
初日に訪れたきらびやかなタイムズ・スクエアを見て、パリやロンドン、そして東京でもなく、世界の中心はニューヨークだと実感した。
アメリカの本題は古代エジプトのコレクションを見ることだった。ブルックリン美術館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館、ペンシルヴァニア大学考古学人類学博物館、そしてセントラル・パークのオベリスクを巡ることができ、有意義なものとなった。中でもメトロポ
リタン美術館は度肝を抜かれた。古代エジプト・コレクションだけでさえ、とても全て見切れなかった。
いつかまた訪れようと心に決めたのだが、同時にアメリカでも追いたてられるようにコロナ・ウィルスが広がり、完全に呑み込まれていった。帰国後に人影のないタイムズ・スクエアを日本のニュースで見て、ぞっとしたものだった。
イラク戦争、SARS時にもエジプトを旅したが、こんな事態は初めてだった。
一刻も早く世界がコロナ・ウィルスを制圧し平常を取り戻してもらいたい。

エジプトとアメリカ、二つの国を旅するにあたり、準備段階から帰国まで、多くの方々にお世話になった。アメリカではKちゃんが自分のわがままに付き合ってくれた。もしKちゃんがアメリカで暮らしていなかったら、来ることはなかったかもしれない。いつも思い通りの旅ができるのは彼らの協力あってこそだと思っている。ありがとうございました。

行けなかった場所はあるし、会えなかった友もいるが、今回の『摩天楼と砂漠の中のオベリスク』をひとまず完結することができた。
次はどこ行こう?世界が秩序を取り戻す頃に。

2020年2月23日~3月10日

「摩天楼と砂漠の中のオベリスク」  50 フィラデルフィアからニューヨークへ

ペン博物館の見学を終え、アラブ料理の屋台でターメイヤ・サンドを買い、近くのベンチでランチとした。

バス・ターミナルに戻り、早い時間のチケットがあるか確認したが、予約していた17時発の
バスしか空いてなかった。出発まで何しようか。ターミナル前にラウンド・ワンがあったからボーリングでもしていこうかな。とりあえず、東方面へと散策に出掛けた。

フィラデルフィアはアメリカ独立宣言と建国の地としてアメリカにとって重要な場所である。独立宣言を知らしめた鐘「リバティ・ベル」を見学し、周辺の歴史的建造物を見て回り、ターミナル近くのスター・バックスに入って時間潰し。

今日は暑いくらいだったので、冷たいものを欲していた。メニューにパイナップル・マッチャとあったので挑戦。一口いれたところで、これは失敗作だよと教えてあげたかったし、日本のスター・バックスの方がおいしい感じがする。

バス・ターミナルに戻り、前の便が遅延とあったので、自分の便も遅れるんだなと思って、5分前に係員に尋ねてみた。
すると「ゲート9番だ。早く!」と急かされた。が、同じような人は何人もいた。

ニューヨークまでは2時間で到着し、カーネギー・ホール近くの駅でKちゃんと待ち合わせし、最後の夕食を共にした。
Kちゃんが「やり残したことある?」と聞いてくれた。
それで、「よくアメリカのドラマや映画に出てくるダイナーでパンケーキを食べたい。」と答えた。
食後でお腹はいっぱいなのだが、Kちゃんは付き合ってくれた。
「ダイナー」は日本で言うファミレスのようなもの。ボリュームのあるパンケーキと大きなカップに注がれたコーヒー。これだ、これ! テレビで見る「アメリカ」だ。

そしてサブウェイに乗りホテルへ。サブウェイもこの切符もよく活躍してくれた。
クイーンズ・ボロ・プラザ駅に着きKちゃんとのお別れ。忙しい合間を縫って彼は付き合ってくれた。勉強の邪魔をしたのではなかろうか、とちょっと心が痛む。いつの間にか、彼はしっかりした意見と強い意志を持つ、たくましい青年となってくれていた。また日本で会いたい。

「摩天楼と砂漠の中のオベリスク」  49 ペン博物館 セクメト座像

「オシリスとしてのラメセス2世像」
オシリスの聖地であるアビュドスのラメセス2世神殿から。
解説によれば、目線が下向きになっているのは神殿に立ち入ったものが、より一層オシリスとラメセスを畏敬するような効果を狙ったという。 ほんとか?

「ラメセス2世頭部」
黒色花崗岩
銘はないが、ラメセス2世だとされる。首から上のところだけを壊して運びやすくしたものだろう。

「セクメト座像」
ラメセウムから出土。
頭部、胴体、左上腕はオリジナルの黒色閃緑岩であとは復元。
再販×20 大人気 ベロアリボン ベルベット たらりんリボン
「ミイラ・マスク」
プトレマイオス朝かローマ時代
金箔と彩色を施したカルトナージュのマスク。

「ミイラ」
プトレマイオス朝、デンデラから出土 ペトシレの息子、ジェド・ハピという男性のミイラ

「第一王朝のドア・ソケット」
日本語では何というのか、束石?沓石?礎盤?わからないが・・とにかく扉を支えた石。
腕を後ろに縛られた地面にひれ伏した捕虜のカタチ。背中の円形のくぼみに扉の支柱が置かれた。扉が開くたびに敵を象徴的に押しつぶす、という。観音開きだとしたら、もう一つ同じような石があったのかな?
エジプトが統一されたばかり頃、ヒエラコンポリスの神殿にあったとされる。

「摩天楼と砂漠の中のオベリスク」  48 ペン博物館 ラメセス2世

フィラデルフィアのペンシルヴァニア大学考古学人類学博物館
(The University of Pennsylvania Museum of Archaeology and Anthropology)
長い名前だが、通称はPen Museum
エントランスを入ると、いきなり大きなラメセス2世のスフィンクス。
古代エジプト室は2部屋くらいしかなく、公開されている古代エジプトのコレクションも多くはないが、それでも日本中の博物館の古代エジプト・コレクションを寄せ集めたものよりもずっと多く、はるかに充実している。
他にもメソポタミアや日本、中国のものもわずかながら展示されていた。

「ラメセス2世のスフィンクス」
説明によれば、西半球では最大、エジプト以外では4番目に大きいスフィンクスだそうだ。そんな威張り方があったんだな。
元々は中王国時代のファラオが作らせたらしいが、ラメセス2世のために作り直された、台座の周囲に名前や称号が刻まれたため、本来の所有者は不明のまま。
その後、ラメセス2世の息子で後継者のメルエンプタハがスフィンクスの肩に自分の名前を加えている。
このスフィンクスは、1912年アーネスト・マッケイとフリンダース・ペトリーがメンフィスのプタハ神殿付近を発掘した際に出土した。

「ラメセス2世の座像」
ヘラクレオポリス(南ファイユーム)のヘリシェフ神殿で発見された。
玉座と台座にラメセス2世の名前と称号がある。台座にはヘリシェフに愛されし者とあるが、スフィンクス同様に中王国時代の初期の像にラメセス2世が名を刻んだもの。
面白いのは、玉座には古代の職人の彫刻ミスの痕跡が残っているそうで、石膏でその間違いをごまかして、その上に2つの文字を刻んだそうだが、博物館に展示された時に、石膏が取れてしまい、そのミスが3300年後にバレたという。

ラメセス2世のレリーフ」
ワディ・ツミラトから
神殿正面の壁の断片。ラムセス2世がアジアの敵を倒すシーン。欠損した右腕には棍棒が握られていたと思われる。アトゥム神は、捕虜を生け贄に捧げる儀式を受け、勝利の剣を王に与えている。
ヴィッセル神戸×スカイマーク コラボタオルマフラー(非売品)+おまけ
「ラメセス2世のステラ」
イスラエル、ベト・シャンで発見されたヴォールト型の玄武岩ステラ。2つに割れている。
ベヘデトのホルスの太陽円盤と翼の下に ラメセス2世とアメンラーが刻まれている。

「ラメセス3世像」
プリーツの入った短いキルトの上にラメセス3世の名と称号がある。左側には、背の高い冠をかぶった人物の上半身があるが、妃、王子、王女だと言われるが、わかっていない。

「摩天楼と砂漠の中のオベリスク」  47 フィラデルフィア、ペンシルヴァニア大学考古学人類学博物館へ

スマホのアラームで目が覚める。まだ眠れると思ったが、部屋の時計と1時間違う。3月の今日からサマー・タイムだということをすっかり忘れて、危うく2度寝するところだった。駅の近くでコーヒーを買ってサブウェイに乗り込む。
(なんかニューヨーカーっぽいこと言ってる?)

本日は長距離バスでフィラデルフィアに向かう予定。タイムズ・スクエア駅でKちゃんと待ち合わせしていたのだが、約束の時刻を過ぎても一向に現れない。すると電話がかかってきた。寝坊したという。
疲れているのか、サマー・タイムで時間がずれてしまったのか、どちらにしろKちゃんを待っていたらバスの出発時刻に間に合わない。

諦めてMETに再び行くことも考えたが、一人でフィラデルフィアに行くと決め、Kちゃんにメールでチケットを送ってもらった。バス・ターミナルまでの道を尋ねながらかろうじて辿り着く。しかし、バスには行き先も路線番号もない。どのバスに乗れば良いのかも、親切な方々にお世話になりながら、座席に落ち着くことができたのだった。

 バスは定刻通り8時に出発した。2時間半の予定が2時間で到着。
バス・ターミナルを少し歩くと、レディング・ターミナル・マーケットというフード・コート付市場の様な施設がある。創業は1893年と歴史がある。面白そうなので中を横切り、通りに出た。その通りの名前もそのままでマーケット通りと言う。

フィラデルフィアは独立宣言の起草が行われ、1800年まで首都が置かれた町。人口は約157万人とあるが、見たところのどかな印象だ。
 マーケット通りをひたすら西に歩く。途中道を塞いでいる市庁舎は一際存在感を示す歴史的建造物で、名所のタワーは高さ167mある。再びマーケット通りを歩き続け、橋を渡るとユニバーシティ地区となる。その一画にペンシルヴァニア大学考古学人類学博物館がある。ここがフィラデルフィアの目的地である。

「摩天楼と砂漠の中のオベリスク」  46 ボストン美術館 メンカウラー

「ビーズネットのドレス」第4王朝 
古代エジプトの貴婦人はこのようなビーズネットを亜麻のドレスの上から羽織ったか、あるいは亜麻のドレスに縫い付けたかしていたそうだが、こんなのをつけていたらよほど気を付けて動くか、あるいはできるだけじっとしていないとならなかったろう。
クフ王と同時代の女性の副葬品として埋葬された約7千個のビーズを組み立て直したもの。ビーズをもともとつなげていた紐は劣化してダメになっていたが、ミイラの上や周りに元のパターンで残っていたビーズネットをもとに復元した。色彩が青を基調としているのは、ラピスラズリとトルコ石を模したため。

ケペルラーの石棺(蓋)第26王朝
ケペルラーはアマシス王の時代の軍人。ギザから

メンカウラーの像 第4王朝
メンカウラー王のピラミッド葬祭神殿から出土。光り輝くアラバスター製
王の姿をしているが、メンカウラーの名前を見つからないため、確定はできない。
メンカウラー・ピラミッドの東側にあるピラミッド神殿の奥の深いニッチに置かれていた。
理由は不明だが、意図的に破壊された形跡があるそうで、1907年にジョージ・ライスナーがまず肩と胴体の断片を見つけ、次に隣の廊下から手と足と玉座の台座を構成する大きな断片を発見した。その2ヶ月後に、近くにあった盗掘用の穴と思われる場所から頭部を発見したという。マンガみたいな発掘譚だ。
断片が博物館に到着した当初は、頭部と脚部のみが展示されていたが、その2年後には、胴体の断片が追加され、その後失われた胴体の要素を復元し、現在のような完全な座像が出来上がった。

「素焼きの棺」第三中間期の棺。 ヌビアではこのようなタイプの棺が使われた。

「エジプト逃避行の休息」
ベツレヘムから徒歩とロバでエジプトまで逃れてきた聖家族のつかのまの休息。
聖母マリアはスフィンクスの懐で、眠る幼子イエスを抱いている。ろばは砂漠に生えたわずかな草を食んでいる。光り輝く聖母とイエスとは対照的に、硬い台座を枕にして疲れ切って眠るヨセフは、夜の砂漠と同化してしまった如くだ。

ボストン・コモンと呼ばれる公園を歩く。アメリカ最古の都市公園と言われている。セントラル・パーク同様、リスがはしゃぎ回っている。

18:30発のニューヨーク行きのバスに乗った。少々遅れ気味だったが、マンハッ
タンが輝くニューヨークを車窓に見られ到着。Kちゃん、遅くなってしまい、申し訳ないがまた明日も宜しく。

日本からのニュースはコロナ・ウィルスの話題ばかりになってきた。
本日、ニューヨーク州に非常事態宣言が発せられた。

「摩天楼と砂漠の中のオベリスク」  45 ボストン美術館へ

美術館を目指すため、地下鉄に乗る。やってきた車両はレトロでかわいい。

ボストン美術館は1870年創設の由緒ある美術館。

古代から各国の美術、現代物まで揃っているアメリカ屈指の美術館の一つ。でもまずは古代エジプト・コレクションからでしょ。

先王朝時代から始まる古代エジプト室。偽扉や彫像、ミイラ、棺と豊富で解説文には発掘時の写真も掲載されていて丁寧で親切である。
ナカダ文化(BC4000~3000)手前は白色線文土器、奥は黒頂土器

ペンメルウの家族像 古王国時代
大人3人と子供(足元に2人)がいる。男性は同一人物で、墓の主の姿。
このような複数の姿(pseudo-groupと書いてある。疑似グループ?)は、
上エジプトと下エジプトの二重性を表しているとか
肉体と魂と表しているとか、
人生の異なる段階を表しているとか考えられ、
その理由ははっきり分かっていないそうだ。
ただ、この時代になると墓に納められる主らの彫像が増え続けていたのだそうで、ペンメルの墓には3体の擬人グループがあり、合計7人のペンメルがいたという。石灰岩製なのだが、赤い花崗岩を使って作ったようにペイントしてある。

メニイのステラ 第一中間期 BC2100年頃
デンデラのマスタバ墓から発見された。左側がメニイ。
高く盛り上がったレリーフは、この時代のデンデラの工房の特徴なのだそうだ。
ミニポーチ パンダ柄 きみどり色 ハンドメイド

「摩天楼と砂漠の中のオベリスク」  44 ボストンへ

昨日の雨とはうって変わり、今朝は雲の合間から青空が覗いていた。良い天気になりそうだ。
7時半にタイムズ・スクエア駅でKちゃんと待ち合わせし、長距離バスでボストンに付き合ってもらう。ボストンまでは4時間の道のりだから、8時出発なので昼頃到着予定だ。
18時半のバスで戻るので滞在時間は6時間半。食事や移動を考えると、急にあわただしい気分になってきた。
エルメスグローブホルダー
 
予定通りにボストンに到着し、バス・ターミナルを出ると、正面にはチャイナ・タウンがあった。静かで大人の街といった印象だ。人口は
67万人と意外と少ないせいか、こじんまりしているように思えるが、マサチューセッツ工科大学やハーバード大学など名門校がキャンパスを置く学園都市でもある。
 
昼を回っていたので、まずは腹ごしらえの店を探した。ボストンはクラムチャウダーやロブスターなど海産物を使った料理が名物という。
ターゲットにしたのは「アトランティック・フィッシュ」と言う店で、有名らしい。早速、クラムチャウダー、それにロブスターのボイルとロブスターのリゾットも注文。昼から贅沢な食事だ。

隣の席ではもう一つの名物、生牡蠣を食べていた。それも食べたかったが、旅も終盤。体力が落ちていると万が一、当たってしまうかもしれないので、ぐっと我慢した。
それでも注文した3品だけでも美味しく十分満足できるものだった。店員も親切で好印象の店だ。

«「摩天楼と砂漠の中のオベリスク」  43 ピーター・ルーガーでステーキ

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31